2015年注目のニュースをご覧ください!

アジアカップサッカー連覇なるか?

 

 

 

 

 

 

 

 

箱根駅伝も終わり、1月の大きなスポーツイベントとして、

まず最初に名前が挙がるのが、史上初めてオーストラリアで開催される、

男子サッカーのアジアカップだろう。

 

 

 

 

前回延長にもつれ込んだ決勝では、

李忠成(現浦和レッズ所属)の芸術的なボレーでオーストラリアを下し、

日本は、単独最多となる4回目の優勝を飾った。

 

 

 

 

今大会は、日本の連覇なるかどうかが注目されるが、

アギーレ監督のスペインクラブチーム時代の、八百長疑惑が報じられる中、

選手のモチベーションなどが、気になるところだ。

 

 

 

 

大会は、4チームずつ4つのグループに分かれ、総当たり戦を行い、

各グループの上位2チームによる、決勝トーナメントという流れになっている。

 

 

 

 

意外なことに、これまでアジアカップには賞金がなかったが、

今大会から、3位までのチームに、”総額1千万ドル” の賞金が、

与えられることになった。(いきなり莫大な賞金に驚くが...)

 

 

 

 

優勝国には、次のワールドカップ前哨戦となる、

FIFAコンフェデレーションカップの出場権が与えられることと、

代表人気が陰りがちな今日この頃、

日本にとって、アジアカップ連覇は是が非でも成し遂げたい。

 

 

 

 

日本は、ヨルダン・イラク・パレスチナと同組になり、

順当にいけば、決勝トーナメントはカタールか、バーレーンといったところだろう。

ひょっとすれば、イランかもしれない。

 

 

 

 

選手側からすれば、監督が誰であろうと、試合をする以上勝ちたいものである。

 

 

 

 

過去アジアカップで優勝した時は、いずれもギリギリの戦いの末に、

感動的な勝利を掴んできたが、海外で多くの経験を積んでいる強みを、

遺憾なく発揮して、勝つだけではなく、面白い試合を期待したい。